【WEEKLY FORTUNE by rina】10月7日(月)今週のカードはGuardian護る女性

2019年10月7日
この記事をシェアする

フォーカスすべきは問題そのものではなく、それに囚われる自分

コミュニケーションにおいてスタックすると、ついそこに横たわる問題――相手の能力、どうにもならない状況、対象が持つ瑕疵etc.――に目を向けがちです。もしそんな状況に陥ったら、その視線を自らに転じてみましょう。どうして私はその問題に対し、こうも苛立つのか? 自分の思惑通りに事が運ばない、自分の常識からすればズレているなど、単純に自分の尺度に合わないことが気に食わないだけかもしれません。あなたにデメリットが生じない以上、頭や心の中を掻き乱される必要はありません。デメリットがある場合は、回避する方法を全力で考え、それが叶わないならやり過ごす。それだけでよいのです。

 

[プロフィール]
rina
ボイジャータロット国際認定リーダー&エディター
1972年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。編集者として女性月刊誌に携わる。ファッション、美容、食、インテリアのほか、生き方、家庭、教育、政治、法律、医療、時事問題などのドキュメンタリー企画を多数手掛ける。一般人、著名人を問わず多くの人々をインタビュー。取材を通じてボイジャータロットと出会い、自らそのパワーを実感したことをきっかけに資格を取得。モデルなどの業界関係者のほか、起業家、経営者に多くのクライアントを持つ。

[ボイジャータロットとは]
1985年、元コロンビア大学政治学教授、ジェームス・ワンレス博士によって作られた21世紀のためのタロット。博士が自らを「psychologist(心理学者)」と呼ぶように、ボイジャータロットは占いではなく、潜在意識の中にある“答え”を引き出すツール。さまざまなモチーフが描かれた78枚のカードには絵画療法的な側面があり、問題解決を阻害する要因=心の中の引っ掛かりに気づき、それを克服する道を提示してくれます。

[セッション]
料金……45分/10,000円 ※以降、15分ごとに3,000円プラス。
場所……都内のカフェなど。
※具体的な場所についてはアポイントメントの際にご相談させてください。

[お問い合わせ先]
sayari@vicenda.jp

この記事をシェアする