【POWER VOYAGER】受験を間近に控え、合否の先にある“終わらないゴール”を見つけました ――R・Tさん(11歳・女性)

2019年2月1日
この記事をシェアする

来月に本番を控えた受験生です。志望校に受かるにはどうすればいいか、ボイジャーに直球の質問を投げかけてみました。現状のカードはHierophant(教皇)。SAYARIさんに「頑張ってるね」と言っていただけました。そして本命の未来のカードは……Growth(成長)。「Rちゃんはその学校に入って何がしたいの?」と訊かれました。今は何とか合格しなくてはとそれだけで頭がいっぱいで、その先のことを考える余裕などありませんでした。質問されて初めて、将来は英語を自由に操れるようになって、海外で活躍するチャンスを掴みたいと考えていた自分を再発見しました。志望校合格は決してゴールではなく、その先の夢を見据えることでやる気を出すことができる。だから頑張れて、結果を出すことができるとボイジャーに教えてもらいました。ゴールは夢。夢を叶える力を未来の自分に授けるべく、全力でラストスパートをかけたいと思います!

[プロフィール]
ボイジャータロット国際認定リーダー&エディター
1972年生まれ。Sayariはスワヒリ語で惑星の意味。大学卒業後、出版社に勤務。編集者として女性月刊誌に携わる。ファッション、美容、食、インテリアのほか、生き方、家庭、教育、政治、法律、医療、時事問題などのドキュメンタリー企画を多数手掛ける。一般人、著名人を問わず多くの人々をインタビュー。取材を通じてボイジャータロットと出会い、自らそのパワーを実感したことをきっかけに資格を取得。モデルなどの業界関係者のほか、起業家、経営者に多くのクライアントを持つ。

[ボイジャータロットとは]
1985年、元コロンビア大学政治学教授、ジェームス・ワンレス博士によって作られた21世紀のためのタロット。博士が自らを「psychologist(心理学者)」と呼ぶように、ボイジャータロットは占いではなく、潜在意識の中にある“答え”を引き出すツール。さまざまなモチーフが描かれた78枚のカードには絵画療法的な側面があり、問題解決を阻害する要因=心の中の引っ掛かりに気づき、それを克服する道を提示してくれます。

[セッション]
料金……45分/10,000円 ※以降、15分ごとに3,000円プラス。
場所……都内のカフェなど。
※具体的な場所についてはアポイントメントの際にご相談させてください。

[お問い合わせ先]
sayari@vicenda.jp

この記事をシェアする