【POWER VOYAGER】健康にまつわる悩み~YEAR CARD READINGに従って決めた手術。術後の経過は良好! ――N・Iさん(44歳・女性)

2019年1月18日
この記事をシェアする

40の声も聞いたことだし、健康状態のスクリーニングをするのも悪くないと軽く受けた人間ドックで腫瘍が見つかりました。意識していた以上に自分自身がショックだったようで、ごく身近な人にしか打ち明けられない日々の中、YEAR CARD READINGをする機会が訪れました。すると6月にAchieverのカードが現れ、「あなたの推進力を手助けしてくれる最高のブレーンが集結するタイミング」と言われました。本当は5月に手術の予定を入れていたのですが、ボイジャータロットを信じて6月に延期。すると文字通り最高のチームが組まれ、後遺症の心配もあった大手術だったにもかかわらず、ドクターも驚くほどの回復を見せています。ドクターの当初のアドバイスに従い5月にオペをしていても結果は同じかそれ以上だったかも知れませんが、“たられば”と現実を比較することはできません。とにかく今の結果に心から満足しています。

[プロフィール]
ボイジャータロット国際認定リーダー&エディター
1972年生まれ。Sayariはスワヒリ語で惑星の意味。大学卒業後、出版社に勤務。編集者として女性月刊誌に携わる。ファッション、美容、食、インテリアのほか、生き方、家庭、教育、政治、法律、医療、時事問題などのドキュメンタリー企画を多数手掛ける。一般人、著名人を問わず多くの人々をインタビュー。取材を通じてボイジャータロットと出会い、自らそのパワーを実感したことをきっかけに資格を取得。モデルなどの業界関係者のほか、起業家、経営者に多くのクライアントを持つ。

[ボイジャータロットとは]
1985年、元コロンビア大学政治学教授、ジェームス・ワンレス博士によって作られた21世紀のためのタロット。博士が自らを「psychologist(心理学者)」と呼ぶように、ボイジャータロットは占いではなく、潜在意識の中にある“答え”を引き出すツール。さまざまなモチーフが描かれた78枚のカードには絵画療法的な側面があり、問題解決を阻害する要因=心の中の引っ掛かりに気づき、それを克服する道を提示してくれます。

[セッション]
料金……45分/10,000円 ※以降、15分ごとに3,000円プラス。
場所……都内のカフェなど。
※具体的な場所についてはアポイントメントの際にご相談させてください。

[お問い合わせ先]
sayari@vicenda.jp

この記事をシェアする